矢作式手技整体治療法において有効だと思われる症例について

矢作式手技整体治療法において有効だと思われる症例について

非常に有効であり、良好となるケース

頭痛持ち(偏頭痛、緊張性頭痛など)、肩こり、軽度鞭打ち症、寝違い背筋痛(肩甲骨内縁部の痛み)、軽度頸椎椎間板ヘルニア、側弯症、肩関節痛(五十肩、上腕二頭筋長頭腱炎、インピンジメント症候群など)、肘関節痛(野球肘テニス肘関節炎など)、手首痛(ゴルフのダフリ、手を突いたなど)、突き指、腰痛ぎっくり腰筋疲労性腰痛腰椎捻挫軽度腰椎椎間板ヘルニア坐骨神経痛など)、膝関節痛(膝関節炎、手術適応外の半月板損傷靭帯損傷軽度変形性膝関節症不安定性成長痛など)、足関節痛(捻挫、骨折後後遺症など)、シンスプリント、筋肉痛(肉離れ、筋膜炎、運動時痛など)、その他打撲、骨折後のリハビリなどなど

ある程度有効であり、良好となるケース

うつ、自律神経失調症(不定愁訴)など精神的なものは、体を整えることによりストレスを軽減し、ある程度の有効性があると期待できる。顔面神経麻痺、重中度関節捻挫、骨折後後遺症の変形、O脚(時間がかかる)などなど

やや有効であり、体自体は軽くなるケース

片麻痺(特に下肢)、手術適応の腰椎椎間板ヘルニア、リウマチによる関節炎、など

患部の状態に変化が期待できないケース

努力は尽くしますが、なかなか難しいケースがあります。腰椎椎間板ヘルニア手術後の変形あるいは湾曲、ご年配の方の変形性膝関節症(かなり固まっているもの)、交通事故など外力による変形、湾曲など

 

今まで、野球選手を主体として治療を行ってきましたので、まだまだ症例が少ないですが、基本的にスポーツ障害に関わるものは良好のようです。完璧にはなりませんが、ご年配の方の変形性関節症でも楽になり、動きやすくなっているようです。同じ様な症状でも、個人差があり良くなるはずのものでも、時間がかかる場合があります。今後、いろんな症例を経験し、研鑽を積んでいきたいと思います。


矢作治療院
栃木県矢板市玉田416-21 コリーナ矢板 E-1133
0287-48-6848
tryahagi@yo-ake.com

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢作治療院

矢作治療院
〒329-1577
栃木県矢板市玉田416-21
コリーナ矢板 E-1133
TEL: 0287-48-6848
または、050-5480-4086へ
Mail: tryahagi@yo-ake.com

営業時間、施術料金等は「ご案内」ページでご確認ください。よろしくお願いします。

10月の休診日予定

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

木、日曜、祝日は15時から営業です。

矢作治療院通信

矢作治療院公式ブログ

矢作治療院院長

矢作式手技復元整体治療家


矢作治療院院長 矢作晋

矢作治療院院長の矢作晋と申します。
当院では、あなたの痛みを解消、正しい体へと復元し、健康と最高の笑顔を取り戻すことを理念としています。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研究しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

最新記事

  1. 2022/9/29

    休診日予定

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る