コロナワクチンは打つな!②

新型コロナ関係

あくまでも個人の選択であるものの

あえて言う・・・

コロナワクチンは絶対に打ってはならない!!!

ワクチン接種券にあなた自身で署名し、
接種した時点で、
あなたの人権は無くなりますよ。

表だって言われていないけど、
そんなこと言うわけないけど、
人権がない以上、
何の保証もないし、保険金だって出ない。

コロナワクチンは、人体実験・・・というよりは、
殺人兵器だと認識すべきものです。

「先生・・・何言ってるの?」じゃないですよ。
そんなこと言っている場合じゃないですよ。

もうすでに7000万人以上が接種してしまった。
日本人がいなくなります。
気がついている者、支配者のみが生き残る。

こんな世の中が今、現実として起こされているなんて、
陰謀論で片付けてしまいますか?

自分の周りをよく観察してみて下さい。
どれだけの救急車が走り回っているのか?
みんな顔色悪いし、
ワクチン打って、しばらくして死んだなんてこと
耳にすることが多くなってきている。

自分の命を死守して下さい。
家族を守って下さい。

調べること
知ること

健闘を祈ります。

 

矢作治療院

追記

コメントありがとうございます。
匿名希望ということで、引用だけさせていただきます。

僕は今は企業内保険代理店の責任者やっているのですが、保険金が出ないと言うことがいろいろなところに書かれているので、
所属する保険会社に確認しました。

結論としては出るとのことです。

https://www.msa-life.co.jp/attention/covid19_20200409.html

その他複数の生命保険会社のホームページ上にも同様の記載が有るそうです。

Q5:新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を原因として支払事由に該当した場合(死亡・入院など)については、保障の対象外になりますか?
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を原因として支払事由に該当された場合も、保険金・給付金等のお支払い対象となります。
Q6:新型コロナウイルス感染症のワクチン接種をしたら保険契約は無効になりますか?
無効になることはありません。
Q7:治験(注)に参加した人は保障の対象外になるという話を聞きましたが、本当ですか?
治験に参加したことによって、保障の対象外となる(保険金・給付金等が支払われなくなる) ということはありません。
注:厚生労働省から薬・医療機器としての承認を得ることを目的として行われる臨床試験

私も各社ホームページを再確認しました。
上記記事のように、強い表現で書いているのは、自分で納得のいくまで調べてほしいからです。
ほとんどの人は調べませんので。

各社、保険金は支払い対象となっています。
また、契約が無効になることもありません。と出ています。

しかし

支払事由に該当した場合とあります。
国(厚生労働大臣)がワクチン接種が原因であると認めた場合です。

現実は、国が認めた接種による副反応での死亡は0名です。
接種後のアナフィラキシーなどの健康被害があったと認められたのは29名です。
接種後に亡くなられた方は、厚労省発表で約1100人ですが、
著名な医師たちの警告では、数万人いるだろうと言っています。
ほぼすべてが、「因果関係が不明、認められない」とされていますので、
保険金は支払われることはないと考えます。
当然、国からの保証金(4420万円)も出ないでしょう。

もちろん、生命保険、損害保険、医療保険等の契約内容によるでしょうけど、
接種後の死因は、心筋梗塞、脳梗塞、肺炎、心筋炎、クモ膜下出血などですから、
その内容で保険金は出るでしょう。ただし、ワクチン接種の有無を聞かれるでしょうね。
また、入院であっても少額であれば出る可能性はあるかもしれません。
かなりもめることは間違いないでしょう。

今後、もっと情報が出てくるはずです。
かなり検閲が厳しく、記事が消されていたり、検索順位をかなり後ろにしたり、
情報戦争をやっていますが、メディアやGoogleなどは劣勢になっていますので。

矢作治療院

ワクチン接種したら人権が無くなる?

《 アメリカ合衆国最高裁判所の判決 》

米国では、最高裁判所は、米国の法律によれば、ワクチン接種を受けている世界中の人々は製品であり、特許を取得した製品であり、もはや人間ではないとの判決を下しました。

改良されたDNAまたはRNAワクチン接種、つまりmRNAワクチン接種により、その人はもはや人間ではなくなり、改良されたGENワクチン接種の特許権者の所有者になります。

彼らは独自のゲノムを持っているため、もはや「人間」(自然人ではない)ではなく「超人」であり、人権のカテゴリーはありません。自然人の質とすべての関連する権利は失われます。

これは世界的に適用され、特許は米国の法律の対象となります。2013年以降、遺伝子組み換えmRNAのワクチン接種を受けたすべての人は合法的なトランスヒューマンであり、トランスヒューマンとして法的に認められており、どの国でも人権やその他の権利を享受していません。これは世界的に適用されます。GEN-POINT技術特許は米国の管轄および法律の下にあるため、米国で登録されています。

《 合衆国最高裁判所の判決の出典 》

 

矢作治療院院長 矢作晋

矢作治療院院長の矢作晋と申します。当院では、あなたの痛みを解消、正しい体へと復元し、健康と最高の笑顔を取り戻すことを理念としています。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研究しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP