今後のプロスポーツ界

新型コロナ関係

プロスポーツは消える

日本のプロ野球をはじめ、ワクチンの職域接種をすすめた企業スポーツ選手は
すべてそのスポーツを行う身体能力を失い、徐々に消えてしまいます。
個人差があるが、そろそろ身体に変化が現れてくる頃だと思われます。
世界の著名な科学者が警告している通り、平均で余命2年となるワクチンを
接種してしまった選手たちすべて、いなくなるのでプロスポーツは
成り立たなくなるからです。

すでに亡くなった選手もいますし、酷い副反応に苦しめられている選手もいます。

世界の支配者にとっては、別にプロスポーツなんて無くてもいいんです。
今までは、スポーツは洗脳の道具のひとつとして機能してきました。
この地球上から70億人ほどを消すのだから、もう関係無いでしょう。

新型コロナワクチンには血栓症を引き起こす成分が含まれています。
メインは酸化グラフェンですし、たとえプラセボの生理食塩水であっても、
その中には、キメラという寄生虫が入っています。

激しい練習、試合を行う選手たちにとって、血栓は大敵です。
血栓が心臓の血管に止まったら、心臓は心不全を起こし死亡します。
サッカーの試合中にピッチで倒れ込む選手が増えています。
選手だけでなく、審判やベンチスタッフも倒れています。

日本のテレビなどでは報道しません。
海外では、ツイッターで上げている人が多くいます。

ワクチンを拒否する選手は試合に出さないなんて、おかしいでしょ。
まだまだ安全性のわからない治験中のワクチンですよ。
馬鹿げています。

いいですか・・・
プロだろうが、アマチュアだろうがスポーツはもう終わりです。
接種しないとプレーできないとかで、止む無く接種してしまったら終わりです。

自分の命は、自分で守ること
強制、義務化になったら、仕事もスポーツも辞めて逃げてください。

 

健闘を祈る

 

矢作治療院

追記:

コロナワクチン接種開始以降、世界中のスポーツ選手が次々と死亡、試合中に倒れるなどのトラブルも続出

これが現実です。ワクチンは危険!止めましょう。

 

矢作治療院院長 矢作晋

矢作治療院院長の矢作晋と申します。当院では、あなたの痛みを解消、正しい体へと復元し、健康と最高の笑顔を取り戻すことを理念としています。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研究しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP