覚醒者を増やすにはどうするか?

神真都Q

覚醒者を増やすにはどうするか?

今、この世の中で何が起こっているのか、あまりにも分かっている人は少ない。
僕でさえ、細かいところまでは把握しきれてない。
どうやって人々に知らせていけばいいのか?試行錯誤の毎日です。

覚醒とは、目を覚ますこと。ではあるが、
まず、気づくこと。
おかしいなら、おかしいまま放っておくのではなく、
自ら調べるように仕向けていくこと。
調べたら、ある程度のところまでは理解できるまで続けること。
理解できたら、自らの判断、意思で行動に移すこと。
自分の出来る範囲でいい。何かしら得意分野があるだろう。
行動に移すことで、やっと覚醒の一歩手前だろうな。

人によっては定義が違うのだろうが、
僕は、家の事情でSNSとブログでしか貢献できていない。
外に出て、声かけやデモに参加などやりたいのだが、
高齢の身障者である母を家においておけない。

記事を上げ、ツイートをしていても反応は薄い。
もう少し、キーワードの設定や対象者の設定など
SEO対策が必要なのかもしれない。

人に伝えることってそう簡単なものではないと
昔から分かっているが、
今回のコロナ騒ぎに関しては手強い

僕は、まだまだ完璧な覚醒者になれていない。
完璧を目指す必要はないかもしれないが、
性分としては完璧なものにしたい。
まだまだ騙される自分が少々情けない部分があるが・・・

覚醒者を増やすため、勉強し、頑張るしかない。

覚醒者37%とはかなりハードルが高い。
しかし、確かなきっかけがあれば、爆発するだろう。
その方法を模索中。

問題は、抵抗力が強いこと。

くじけず、諦めないことだ。

 

さつま地蔵
矢作治療院

 

矢作治療院院長 矢作晋

矢作治療院院長の矢作晋と申します。当院では、あなたの痛みを解消、正しい体へと復元し、健康と最高の笑顔を取り戻すことを理念としています。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研究しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP