スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害概要

日本のスポーツ人口

日本のスポーツ人口は、10歳以上の統計で7800万人に及ぶそうです。学校の部活、クラブ、アマチュア、プロ、趣味としてスポーツをやっているか?という調査の結果です。以下を参照して下さい。

社会生活基本調査

今回調べた社会生活基本調査は5年おきに実施される社会生活基本調査というもので10歳以上の人がデータの対象のようです。e-Stat(政府統計の総合窓口)

 

日本のスポーツ人口

  スポーツの種類 数(千人) 割合
  総数 77977 100.0%
1 ウォーキング・軽い体操 46821 60.0%
2 器具を使ったトレーニング 16672 21.4%
3 ボウリング 14334 18.4%
4 ジョギング・マラソン 13667 17.5%
5 水泳 12430 15.9%
6 登山・ハイキング 11346 14.6%
7 つり 9814 12.6%
8 サイクリング 8934 11.5%
9 ゴルフ(練習場を含む) 8900 11.4%
10 野球(キャッチボールを含む) 8143 10.4%
11 卓球 7664 9.8%
12 バドミントン 7559 9.7%
13 その他 7176 9.2%
14 サッカー(フットサルを含む) 6770 8.7%
15 スキー・スノーボード 6089 7.8%
16 テニス 5625 7.2%
17 バレーボール 5136 6.6%
18 バスケットボール 4864 6.2%
19 ソフトボール 3017 3.9%
20 ゲートボール 831 1.1%
21 剣道 692 0.9%
22 柔道 652 0.8%

データソース
統計名:平成28年社会生活基本調査 調査票Aに基づく結果
    生活行動に関する結果 生活行動編(全国) スポーツ表番号:14-1
表題:男女,ふだんの健康状態,頻度,年齢,スポーツの種類別行動者数(10歳以上)-全国
実施年月:2016年

引用サイト:山とミニマリズム

 

恐らくひとつの競技だけではなく、複数のスポーツをやっていると思います。年齢別にするとまた違ったデータが出てくるでしょうね。日本人の人口が1億2千万人ですから、かなりの割合で何かしら体を動かすことをやっているということです。

スポーツ障害とは

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポーツ障害(スポーツしょうがい)は、スポーツ(運動)をすることで起こる障害や外傷などの総称である。使い過ぎ症候群(つかいすぎしょうこうぐん)ともいう。

概要

長期的に同じスポーツを続けることなどにより、体の一定の部位に負担がかかって起こる障害。スポーツにおける体の使い過ぎ(オーバーユーズ)を原因とするもので、成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こる障害である。

主なスポーツ障害

矢作治療院で取り扱い可能症例(赤字)、一部条件付きまたはリハビリとして取り扱い可能症例(青字

 

こうやって見てみると、各競技名に対しての疾患名が多いですね。あまり聞いたことがないものもあります。
次回からは、この主だったスポーツ障害から個別に考察を入れていきたいと思います。

 

矢作スポーツ障害研究室 supported by 矢作治療院

東京都中央区日本橋3−6−10 くりはらビル7F
03−5203−0333
tryahagi@yo-ake.com

 

コメント

この記事へのコメントはありません。