矢作式ストレッチ体操

矢作式ストレッチ体操① 足関節

腰痛によく効く八つの体操

矢作式ストレッチ体操① 足関節

1.足の指の関節運動

まず、仰向けになり足の指の関節運動から入っていく。足の指を手を使わずに30秒から1分間屈伸させる。屈伸を続けるうちに、腰部と座骨部が温まってくるのを感じる。このとき、注意することは、手足の指に全部の意識を集中させることである。次第に尾てい骨や肩の辺りが熱くなってくる。これは、末梢神経の運動によって、中枢部に刺激が伝達され、腰部・座骨部の筋肉が柔らかくなり、ときほぐされていくことによるものである。

 

2.足首の屈伸運動

寝たまま、足の指を遠くへ、遠くへと無限大に伸ばしていく。腰の残っている部分がとれてくる。今度は、足首(足関節)をグ〜っと背屈させてくる。足の筋肉が全部伸び、同時に腰もまた伸びる。

3.足首を開く

両足首を直角に曲げたまま、180度の開閉を繰り返す。このとき、指の先に力を入れることを忘れないようにする。大殿筋が緊張して、調整される。できるだけ直角に閉じていくように注意する。

 

 

★矢作式ストレッチ体操において注意すべき点

矢作式ストレッチ体操では、動かしたい部分の一番先に意識を集中することです。
体から出来るだけ遠くへ遠くへと持って行くという意識だけに集中させることで、他の部分に力が入らず、関節の筋肉付着部が徐々に伸びていくのです。
力を入れて伸ばそうとすると、筋肉は嫌がり、縮もうとします。伸ばされたくないのです。だから、ストレッチの本当の極意は、いかに筋肉をだますか・・・なんです。伸ばされているという意識を筋肉に感じさせないように行います。

あとは、呼吸を上手く使うこと。基本的に息を吐きながらです。
胸が開く動きの時は、吸って、閉じる動きの時は、吐くのです。

一気に脱力するときは、一気に吐く。
必要な時は、説明に入れておきます。

 

矢作式ストレッチ体操② 膝関節へ

矢作治療院

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。