【メイクドラマ劇場】我が身に起きたドラマが凄すぎた!

私事で恐縮なのですが、まさか自分自身でメイクドラマを演じるとは思ってもいませんでした。
と言うのも、命に関わる心疾患であったわけでして、あまりにも事が上手く進んで、何事も無かったかのように今は過ごしていることに・・・ただ感謝があるだけです。

確かに、自分自身の事に関しては、とても健康的な生活をしていたとは言えません。かなりの不摂生であったと思います。
2年ほど前から、胸の痛みを感じ始め、時々であったけど歩けないくらいの痛みを感じることがあった。昨年の暮れあたりに一度、心臓発作が起こり、2時間ほど苦しい思いをしました。幸い、心臓が止まることはなかったけど、病院には行かず、ただただ治まるのを待っていただけでした。新型コロナが出始めていた頃ですし、経営不振に陥るところまで来ていたので、休むわけにはいかなかったのです。

今年、1月、2月の経営不振は最悪でした。悩みに悩み・・・矢作治療院を閉院することを決めたのです。

3月に行きつけのクリニックにて心電図をとってもらったら、虚血性心疾患のサインが出ているとのこと。循環器科で診てもらった方がいいだろうことを指示されました。

ちょうど、母が盲腸炎と背骨の圧迫骨折をやり、実家の方の病院に入院していたので、矢作治療院を閉め、実家に入ろうと思ったのです。まず、家賃がかからない状態を作ること、ある程度の資金が必要であるので、自宅も売却しました。

あらゆるものの導きがあり、母の病状が安定したのを機に、自分の心臓の検査を実家の方の病院で受診したのです。自分が思っていたよりも病状は悪化しており、今まで3回ほど発作があったけど、次に発作が来たら助けようがない状態になってると言われました。心臓冠動脈が3本あるけど、1本は100%詰まっていて、1本は98%詰まっていて、もう1本は80%程詰まっている状態。

治療としては、バイパス手術しかないだろうとの判断。僕もカテーテル検査の画像を見せてもらったら、納得できました。

 

バイパス手術を決めたら、その後の流れが一気に加速して・・・2日後には・・・
転院し、救急車で搬送され、速攻で手術室に入り・・・ 全身麻酔で何も記憶にございません。

東京や横浜では、恐らくコロナ渦で、数週間待ちだったかもしれません。

何もかも、神様、ご先祖様の導きなのかもしれません。検査入院の前に、地元の大きな神社に行き、お願いごとをしてきました。無事に帰れるようにと。

 

入院も、手術も、何もかも初めての経験です。
全身麻酔ってどんな感じだろうとか、お花畑を見るんだろうかとか、いろいろ考えましたが、何も記憶に残っていません。人工心肺装置に繋がれ、2回ほど心臓を止めたと言われました。でも、お花畑は見ることはなかった。どれくらいの時間の手術かはわかりませんが、約15時間は寝ていたようです。

しばらくは傷口が痛み、ほとんど何も出来なかったけど、確かに何かが変わっている・・・という感覚が今はあります。
スピリチュアル的な感覚がかなり薄れてしまっていて、前は感じるという感覚があったけど、今はありません。一時的に薄れてしまっているのでしょうか。脳の感覚が前とは違うのです。麻酔の影響とかじゃなく、もしかしたら、前々からの感覚は嘘だったのかもしれません。ただの錯覚だったのかもしれません。

もう一度、始めから考えるといういい機会なのかもしれません。

開胸し、3本のバイパス手術という大手術だったので、回復には時間がかかります。体調を整え、筋力を戻し、治療技術の復習もしなければならない。恐らく、最低でも半年は必要かと思われます。

時間はあります。

今後の成り行きを考えていく必要がある。自分自身のこと、家族のこと、どのように収入を得るか・・・など。コロナの影響はかなりあるでしょうね。私の家業は、100%接触するという仕事ですから。マスク程度ならできますが、手袋はできません。まったく感覚が違いますから。本当に信頼できるという条件が必要です。

 

メイクドラマ劇場です。
生かされているという感覚がある。何も無いなら、昨年死んでいるでしょう。自分の使命を確認して、人のために生きること。もちろん、自分自身でも楽しむことも必要だろう。

 

治療再開までしばらくお待ち下さい。何か違うものを得ることをやっていきます。

 

矢作治療院

 

 

 

矢作治療院院長 矢作晋矢作治療院院長

投稿者プロフィール

矢作治療院院長の矢作晋と申します。矢作治療院は、あなたの最高の笑顔を取り戻して頂けるよう独立開業いたしました。。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研鑽しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

矢作治療院

矢作治療院
〒329-1577
栃木県矢板市玉田416-21
コリーナ矢板 E-1133
TEL: 0287-48-6848
Mail: tryahagi@yo-ake.com

12月の休診日予定

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8

木、日曜、祝日は15時から営業です

矢作治療院予約状況 twitter

大和T-ara RT

矢作治療院院長

矢作治療院院長

矢作塾塾長 矢作晋

矢作治療院院長の矢作晋と申します。矢作治療院は、あなたの最高の笑顔を取り戻して頂けるよう独立開業いたしました。。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナー(元巨人軍トレーナー)の経験からスポーツ障害に対しても得意としています。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研鑽しておりますので、ご遠慮なく何でもご相談下さい。お待ちしております。

矢作治療院通信

  1. 2021-8-1

    矢作治療院公式ブログ

新型コロナ関連記事

  1. 2021-5-16

    無症状感染者という矛盾

  2. 2021-4-21

    【不都合な真実】新型コロナ

  3. 2021-9-9

    ワクチンを接種していない人々への手紙~KLA-TV Japan

ネットの話題

  1. 2021-9-30

    何故知ろうとしないのか?

  2. 2021-12-3

    トランプ大統領から大和の民へのメッセージ

ページ上部へ戻る